MT車で渋滞に巻き込まれたイメージ

マニュアル車(MT車)が好きで乗っている人でも、「この車がAT車だったら」と思うことがあります。

そんなMT車あるあるデメリットを紹介します。

長時間の渋滞での左足あるある

短時間の渋滞なら我慢できますが、長時間になると「AT車だったら楽なのに」と思ってしまいます。

AT車ならアクセルとブレーキの操作だけですが、MT車はクラッチ操作も必要ですから、渋滞だからと言って気を緩めることが出来ません。

ノロノロ運転の車に挟まれてクラッチを踏んだり離したり、停車からのスタートなら半クラ操作も必要になります。

スポーツカーで強化クラッチだったりすると、ペダルが重くて足をつりそうになることもあります。

こんな時に最近のAT車を見ると、あの車はオートクルーズなのかな?とか、あのスバル車はアイサイトで追尾してるのかな?なんて羨ましく思うのです。

恐怖の坂道発進あるある

急勾配な坂道の上りでは、AT車と言えど少し車が下がってしまう事がありますよね。

しかしMT車の坂道発進に比べれば、簡単であることに違いありません。

MT車の坂道発進では、車が下がる心配だけじゃなく、エンストの恐怖とも戦わなければなりません。

緩い勾配で慣れた車なら、サイドブレーキを使わずに発進することもできますが、急勾配で慣れない車だと想像するだけでもツラいですね。

半クラの使い過ぎでクラッチが焼け、車内にクラッチが焼けた臭いが充満なんてことも考えられます。

また最近は AT車が主流の為か、坂道停車中の車間距離が狭いドライバーが大勢います。

MT車だけじゃなく急勾配ではAT車も下がる可能性があるので、優しい気持ちで車間距離を取ってあげてください。

新車を買いたいけれど売ってない問題

一昔前なら、どんな車種にもマニュアルを選択できましたが、最近はオートマしかないという車種が殆どになりました。

国産スポーツカーの代表格である「GT-R」ですらマニュアルは売っていない時代です。

技術の進化で、人間がシフトチェンジするより電子制御の方が優れているも分かりますが、マニュアル好きの人達にはツマラナイ現実です。

先進技術ナニソレ問題

様々な先進技術はAT車を基準に開発されている為、MT車では導入が困難だったり不可能な場合もあります。

例えば、今後は車の自動運転技術の発展や導入が加速していくと思われますが、MT車でも自動運転はコスト的に考えて非現実的だと思います。

でもよく考えてみると、MT車を自動運転車にすると、それはAT車だろって話なんですけどね。

マニュアルは運転できません問題

友人に自分のMT車で長距離ドライブに行こうと誘っても、運転を代われる人がいません。

時代の流れでしょうが、運転技術の上手い下手うんぬんの前にAT限定免許なので、そもそも運転できないのです。

特に若い女性は、たとえ免許を持っていてもAT限定免許だという人が多いです。

こんなとき朝から晩まで一人で運転なんてことは珍しくないです。

いや運転が好きですから、良いんですけどね・・・。

 


 

あなたの車は今いくら?

このキーワードよくネットで見かけますよね。

車買取一括査定の広告によく使われている文言なのですが、結局は査定に申し込みしないと自分の車の相場が分からないと言う仕組みです。

今すぐ買い替えじゃない場合は、まだ申し込みなんてしたくありませんよね。

でもやっぱり自分の車の価値や相場って気になりますよね。

実は完全に匿名で、車種などをポチポチ選ぶだけで相場を調べるサービスがあります。

私なんて気になりすぎて月イチくらいで調べてますよ。

車買取相場表を匿名で調べるための記事

 

 

『知り合いの自動車保険が高すぎだったYouさん』

何の疑問も持たずに親の知り合いの代理店で自動車保険に加入していました。

古くからの知り合いという安心感と、料金はどこも同じだろうと言う気持ちからです。

それで最近、妻が軽自動車を購入することになったので、何となくネットの一括見積もりに申し込んでみたところ、かなりの衝撃でした。

ネットの見積もりがこんなに安いなんて、いままでどれだけ保険料を無駄にしていたのかと。

さらにインズウェブなら申し込みから見積もりまでとても簡単だし、大手保険会社ばかりなので色々と安心して利用出来ました。

父には申し訳ないけど、次の更新で自分の車の保険も乗り換えるつもりです。

保険の窓口インズウェブ