自動車と自動車重量税のイメージ

自動車重量税の還付は、申請手続きをすることが絶対条件です。

  • 登録自動車は解体を伴う永久抹消登録か解体届出の手続きのときに同時申請
  • 軽自動車は解体返納か解体届出の手続きのときに同時申請

この税金の還付申請に必要な書類等は、基本的に上記申請と同じです。

永久抹消登録、解体返納、および解体届出の必要書類は下記にまとめています。

還付金の計算方法は、【廃車手続き】自動車重量税の還付金(返金)計算方法をご覧ください。













登録自動車の還付手続きの流れ

登録自動車(普通車など)の自動車重量税の還付申請を行う場合には、OCRシートの第3号様式3の「自動車重量税還付申請書」が必要となります。

申請書は、この手続きを行う運輸支局か自動車検査登録事務所にあり、解体を事由とする「永久抹消登録申請書及び解体届出書」と合体しています。

ですから永久抹消登録や解体届出と同時進行で進めることができます。

そして必要書類と共に提出すると「自動車重量税還付申請書付表1」という書類を渡されますので、住所氏名や自動車重量税の還付金の額など記載事項を確認してください。

間違いがなければ、後日この申請書に基づいて自動車重量税が申請した振込先に振り込まれます。

代理人が申請する場合

ちなみに所有者本人ではなく代理人が申請する場合には、所有者の実印を押印した委任状が必要です。

自動車重量税還付申請書には代理人が捺印することになりますが、これは認め印で大丈夫です。

また所有者本人ではなく、代理人が自動車重量税の還付を受ける場合には、それに係る委任状も用意しなければなりません。

これは所有者本人の自署と実印の押印が必要です。

軽自動車の還付手続きの流れ

軽自動車の場合も、OCRシートの第4号様式3の「自動車検査証返納届出書または解体届出書」が「自動車重量税還付申請書」を兼ねています。

名前や振込先等、必要事項を記入して同時に手続きします。

この申請書は手続きを行う軽自動車検査事務所で手に入れて下さい。

これを提出すると「自動車重量税申請書付表1」が交付されるので、内容をよく確認しましょう。

代理人が申請する場合

代理人が申請する場合は、所有者と使用者の署名と押印(認め印でOK)がある「申請依頼書」が必要です。

また、代理人がこの税金の還付を受ける時は、委任者の自署と押印がしてある委任状をご用意ください。

 


本当に廃車に?その車まだ売れるかもしれませんよ?

車の寿命が10年10万キロと言われた時代は終わりました。

古い車でも欲しい人はいますし、海外で人気がある車種なら輸出だって可能です。

もちろん車検切れや事故車でも売れますし、なんと修理不可の不動車でも部品取りやスクラップとしての需要があります。

この車はもう廃車かなと思っても自分で判断せずに査定を受けてみる価値はありますよ。

下記は廃車向けに書いた記事ではありませんが、査定を受ける人は必ず参考になると思います。

廃車査定の場合も基本的に総当たりしたほうが良い条件がもらえますよ。

査定額を比べて最高値を引き出す方法の考察













公開日 :
更新日 :