自動車リサイクル券のサンプル

自動車のオーナーなら「リサイクル券」という言葉を聞いたことがあると思います。

しかし、納めたリサイクル料金が何に使われているのか知らない人も多いです。

そこでこのページでは、リサイクル券の概要を分かりやすく簡単に説明していきます。

【廃車手続き】普通車と軽自動車の抹消登録の種類とは













リサイクル料金を自動車の所有者が負担する理由

これは2005年1月に施行された「自動車リサイクル法」に定められているからです。

  • 廃車の破砕後にリサイクルされずに残るシュレッダーダストの埋立地不足の懸念
  • オゾン層破壊や地球温暖化をもたらすオゾン類
  • そして処理に専門の技術が必要とされるエアバック類

以上3つの問題を解決するためにこの法律が制定されました。

特殊車両や公道を走行しない車など、この法律が適用されない車もありますが、基本的に全ての車が対象となっています。

これによりシュレッダーダスト、フロン類、エアバック類を廃車時に引き取り、適切にリサイクルすることが自動車メーカーや輸入業者に義務づけられ、それにかかる処理費用をリサイクル料金として自動車ユーザーが負担することになりました。

集まったリサイクル料金は、自動車リサイクル促進センターが管理しています。

公益財団法人・自動車リサイクル促進センター

リサイクル料金の内訳

リサイクル料金は

  • 預託金
  • 情報管理料金(廃車時における引取や引渡に関する情報の管理にかかるお金)
  • 資金管理料金(車の所有者から徴収するリサイクル料金の管理にかかるお金)

の三つから構成されています。

さらに詳しく預託金の内訳を見てみると、廃車から出るシュレッダーダスト、エアバック類、フロン類を適正にリサイクルしたり、処理したりする費用に分けられます。

リサイクル料金の金額は、車種やグレード、予想されるシュレッダーダストの量、装着しているエアバックの数やエアコンの有無等によって決められています。

ですので、仮にエアコンやエアバックを後付けすれば、その分の預託金と資金管理料金を廃車時に支払うことになります。

リサイクル料金を決めているのは、国内の自動車メーカーや輸入業者で、一台につきおよそ6千円から1万8千円の間くらいが相場となっています。

※但し、このリサイクル料金の金額はあくまで一般的なものであり、大型車などはこの限りではありません。

また、情報管理料金は一律130円、資金管理料金は新車時に支払えば一律380円、廃車時に払う場合は一律480円となっています。

リサイクル料金を支払うタイミング

新車の場合は、購入時にディーラー等に支払い、それと引き換えにリサイクル券を発行してもらいます。

中古車の場合は、次の所有者にリサイクル券を引き継ぎ、車体価格に預託金と情報管理料金に相当する額をプラスして支払ってもらう形になります。

但し、資金管理料金だけは最初にその車のリサイクル料金を支払った人の負担となります。

自動車リサイクル法が施行される前に購入した車は、2005年1月から2008年1月までの間に受けた最初の車検時に、整備業者や車検場の関係団体を経由して、この料金を納めているはずです。

2005年1月以前に購入したものの、この法律の施行後に全く車検を受けていない車の場合は、廃車時に支払うことになります。

リサイクル券の紛失と再発行

リサイクル券は紛失した場合でも、通常は再発行する必要はありません。

これはリサイクル料金の預託状況や処理状況が、車体番号や車両番号(ナンバープレート)で管理されている為です。

ですから車検などを含め、実際にリサイクル券が必要になることはありません。

リサイクル料金を納めた証拠が欲しい

車を売る場合などで、リサイクル料金を納めた証拠が必要な場合は、自動車リサイクル料金の預託状況を印刷したもので代用できます。

また廃車にする場合もでも、この預託状況をプリントしたもので事足ります。

自動車リサイクルシステム(ユーザー向け)

上記ページのリサイクル料金検索で、必要事項を入力して印刷してください。

どうしても再発行したい場合は?

リサイクル券の再発行は、普通車なら最寄りの運輸支局や自動車検査登録事務所、軽自動車なら軽自動車検査協会でできます。

また手数料を払えばディーラーなどで再発行できる場合もあります。

再発行には車体番号などが必要なので、車検証を忘れずに。

リサイクル券は別名「預託証明書」

預託証明書は、リサイクル料金が納められたことを、自動車リサイクル促進センターが証明してくれている書類です。

リサイクル券はA券、B券、C券、D券の4枚綴りとなっています。

自動車の所有者は、廃車時に必要となるA券とB券を車検証と共に、大切に保管しなければなりません。

A券「リサイクル券(預託証明書)」

「この券に書かれている車のリサイクル料金は納めた」という証になるものです。

B券「使用済自動車引取証明書」

車の解体後に業者が必要事項を記入して車の所有者に渡すことになっています。

C券「資金管理料金受領書」

同センターが資金管理料金を受領したことを証明する書類です。

D券「料金通知書券発行者控」

そのリサイクル券を発行した新車ディーラーや整備事業者等が、車の所有者にリサイクル料金の金額を通知するために使う書類です。

通知した後に切り取られて発行者である事業者側が保管しておくものになります。

 


本当に廃車に?その車まだ売れるかもしれませんよ?

車の寿命が10年10万キロと言われた時代は終わりました。

古い車でも欲しい人はいますし、海外で人気がある車種なら輸出だって可能です。

もちろん車検切れや事故車でも売れますし、なんと修理不可の不動車でも部品取りやスクラップとしての需要があります。

この車はもう廃車かなと思っても自分で判断せずに査定を受けてみる価値はありますよ。

下記は廃車向けに書いた記事ではありませんが、査定を受ける人は必ず参考になると思います。

廃車査定の場合も基本的に総当たりしたほうが良い条件がもらえますよ。

査定額を比べて最高値を引き出す方法の考察













公開日 :
更新日 :