車検の検査項目を分担して点検するイメージ

車検場や指定工場は、車検の際にどのような検査や点検をしているのでしょう。

今回は検査項目や点検内容を説明します。













車検で必ず検査される項目

1.同一性の確認

車検証に記載されている車と同一なのかを検査員が確認します。

ナンバープレートを見たり、ボンネットを開けて車体番号や原動機形式をチェックします。

このとき、エンジンルーム内の検査も行っています。

エンジンが改造されてないか、オイルなどの液漏れがないか、ホースやベルト類の亀裂、損傷、張りなどを見ています。

2.外観検査

車の外回りを目視で検査されます。

  • 「ブレーキランプ・ヘッドライト・ウィンカー・フォグランプ」など灯火類の点灯チェック
  • ホイールナットの緩み
  • ウインドウォッシャー液が正しく出るか
  • ワイパーの動作
  • クラクションが正しく鳴るか
  • 車高、車幅、全長が基準値内か
  • タイヤの残溝や亀裂やひび割れ
  • タイヤ・ホイールのサイズ
  • フロントガラスのキズの有無
  • 車検や定期点検以外のステッカーの有無
  • 運転席や助手席の窓に着色フィルムがないか
  • その他の保安基準に適合しない部分はないか

3.車内検査

ハンドルの遊びやガタ、ブレーキペダルの遊びやブレーキの利き具合、シートベルトやエアバックなどの警告灯、サイドブレーキの引きしろや利き具合、発煙筒の使用期限などを確認します。

4.サイドスリップ検査

専用機械を用いて、車が直進中にタイヤがどれくらい横滑りするかを測定します。

車検に通るためには、1メートル直進した時に、サイドスリップが5mm以下でないといけません。

5.ブレーキ検査

専用機械を使って、前輪、後輪、サイドブレーキの検査を行います。

6.スピードメータ検査

専用機械を使って、車のスピードメータが時速40Kmを表示するまでアクセルを踏み、実際の速度との誤差を計測します。

誤差が基準値以内であればOKです。

7.ヘッドライト検査

専用機械でヘッドライトの光軸(光の向き)と照射光度を測定します。

8.排気ガス検査

排気ガスにどれくらいの一酸化炭素と二酸化炭素が含まれているのか、専用の機械を用いてそれらの濃度を測定します。

9.下廻り検査

検査員が目視やハンマーで叩いて打音検査を澄ます。

デフオイルやエンジンオイルなどのオイル類の漏れがないか、マフラーの腐食、損傷の有無や取り付け状態、ドライブシャフトブーツなどのゴム製のブーツ類に亀裂や破損はないかなど、下廻りの検査項目は多岐にわたります。

車検に必要な検査項目はこれだけ?

車検の基本的な検査項目は以上です。

車検場ではこれらの検査が終わると総合判定のブースに進み、検査結果の合否が決まります。

指定工場では、合格すれば保安基準適合証が発行されます。

ディーラーや整備工場の独自点検項目

これを読んで、バッテリーは?オイル交換は?タイヤのローテーションは?エアフィルターは?など不思議に思った人はいませんか?

実は上記の必須項目以外は、そのディーラーや整備工場が独自に実施している点検内容になります。

ですから厳密に言えば、バッテリーが弱っいても、オイルやエアフィルターが汚れていても問題なく車検に通ります。

でも車検に通すだけでは、いずれ故障しないとは言えませんし、快適に車に乗り続けるのは難しくなります。

その予防の意味や他社との差別化で、各社独自項目を追加しているようです。

ただし、エアフィルターを交換しないと車検に通らないなんて言われたら、その業者は完全にアウトですけどね。

 


あなたの車は今いくら?

このキーワードよくネットで見かけますよね。

車買取一括査定の広告によく使われている文言なのですが、結局は査定に申し込みしないと自分の車の相場が分からないと言う仕組みです。

今すぐ買い替えじゃない場合は、まだ申し込みなんてしたくありませんよね。

でもやっぱり自分の車の価値や相場って気になりますよね。

実は完全に匿名で、車種などをポチポチ選ぶだけで相場を調べるサービスがあります。

私なんて気になりすぎて月イチくらいで調べてますよ。

車買取相場表を匿名で調べるための記事













公開日 :
更新日 :