高額な車検費用に困る男性

車検費用が高いというイメージはありませんか?

細かい作業内容がよく分からず、業者にお任せの整備をしてもらい、その請求金額を支払っている人も多いです。

そこで知って欲しいのが車検費用の内訳です。

車検の費用は、「法定費用」「点検整備」「代行手数料」に分けることが出来ます。













車検の法定費用(継続検査)

車検の法定費用とは、国に納める税金などのことで、どの業者でも同じ金額になります。

車検が切れそう!車を売る前に車検を通すと損するの?

自動車検査手数料(印紙代)

(1) 保安基準適合証がある自動車:1,100円(印紙)

(2) 小型車:1,700円(印紙400円、証紙1,300円)

(3) 小型車以外の自動車:1,800円(印紙400円、証紙1,400円)

※印紙と証紙の2種類ある理由は、お金を納めるところが、国(自動車検査登録印紙)と自動車検査独立行政法人(自動車審査証紙)に分かれている為です。

印紙代が3つに分かれていて、少しややこしいので簡単に説明します。

まず指定工場では、保安基準適合証が交付できるので1,100円となります。

認証工場やユーザー車検なら、小型車(5ナンバー・4ナンバー)1,700円、普通車(3ナンバー)1,800円となります。

【車検】自動車整備工場の指定工場と認証工場の違いは

自動車重量税

車の区分や重さによって支払う額が決まっています。

主な自動車重量税の税額は下記のとおりです。

区分 エコカー減免制度適応 エコカー 13年未満 13年以上 18年以上
1,000Kg以下 5,000 10,000 16,400 21,600 25,200
1,500Kg以下 7,500 15,000 24,600 32,400 37,800
2,000Kg以下 10,000 20,000 32,800 43,200 50,400
2,500Kg以下 12,500 25,000 41,000 54,000 63,000

※13年未満とは、エコカー減税の対象ではない車で、車検証に記載されている「初度登録年月」から12年10カ月以内の車のことです。

自賠責保険料

通常は車検時に24か月分加入します。

普通車は24カ月分が一律27,840円です。

【自賠責保険とは】加入方法と補償範囲から料金表まで

点検整備費用や代行手数料

頼む業者によって車検費用が異なるのは、この費用が違うからです。

ですから車検費用を節約したいなら、この部分を比較検討することが大事です。

点検整備費用

法定24ヶ月定期点検などの点検整備を受ける場合に必要な費用です。

各種部品代

点検整備に伴い、エンジンオイルやタイヤといった消耗品の交換や修理が必要な場合の費用です。

完璧な整備を望めば、様々な部品の交換や修理が必要ですが、車検を通すだけの最低限の整備なら安く抑える事も出来る部分です。

車の状態や予算、そしてあと何年乗るのかなど、それぞれの状況に合わせて検討してください。

代行手数料

車検の手続きを代行する手数料です。
つまりユーザー車検の場合は発生しない費用になります。

車検費用の支払い方法

クレジットカード

車検費用には税金などの法定費用が含まれるため、クレジットカードで支払えるのかと疑問に思う人もいると思います。

結論から言えば、基本的に法定費用は現金払いということも多いのですが、業者や店舗によっては対応しています。

例えばディーラー系では、殆どがクレジットカード払いに対応してくれると思います。

また大手カー用品店やガソリンスタンド系も、事前確認が必要ですが対応してくれる場合が多いでしょう。

ローン(分割払い)

こちらもクレジットカードと同様に対応はマチマチですが、クレジットカードが使える業者なら対応している場合が多いです。

ディーラー系や大手カー用品店系なら、普段からローンの取り扱いが多いので、スムーズに対応確認ができると思いますよ。

 


あなたの車は今いくら?

このキーワードよくネットで見かけますよね。

車買取一括査定の広告によく使われている文言なのですが、結局は査定に申し込みしないと自分の車の相場が分からないと言う仕組みです。

今すぐ買い替えじゃない場合は、まだ申し込みなんてしたくありませんよね。

でもやっぱり自分の車の価値や相場って気になりますよね。

実は完全に匿名で、車種などをポチポチ選ぶだけで相場を調べるサービスがあります。

私なんて気になりすぎて月イチくらいで調べてますよ。

車買取相場表を匿名で調べるための記事













公開日 :
更新日 :