自動車整備工場のイメージ

自動車整備工場を経営するには、国からの指定や認証を受けることが必要です。

これは自動車ディーラーやフランチャイズの車検専門店、ガソリンスタンドやカー用品店なども例外ではありません。

この自動車整備工場には、2種類あるのをご存知でしょうか?

ひとつが「指定工場」で、もうひとつが「認証工場」です。

このページでは、それぞれの条件や特徴を紹介いたします。













認証工場の条件や特徴

認証整備工場とは地方運輸局長に申請をし、車の分解整備を行って良いと認証された工場です。

認証工場の条件は、例えば人員に一定数の自動車整備士を含み、その中から一人以上を整備主任者として届出なければなりません。

また、工場には一定の広さの面積が求められ、決められた作業機械や測定機器などの設備も備えている必要があります。

認証工場では、車検整備を行うことは出来ますが、車検の最終検査を行うための設備を備えていないため、運輸支局や自動車検査事務所等の車検場に車を持ち込む必要があります。

指定工場の条件や特徴

指定整備工場は車検整備ができるだけでなく、車検の最終検査に必要な機器も備えているので、その整備工場で最終検査を行って保安基準適合証を発行できます。

この適合証の提出をもって、運輸支局や自動車検査事務所等の車検場への車の持ち込みを省略することが出来ます。

指定工場が「民間車検場」とか「民間車検工場」とか呼ばれているのはこのためです。

指定工場になる条件は、既に認証工場に認定されており、設備、技術、管理組織等が指定工場の基準を満たしている整備工場が、地方運輸局長に申請をし指定を受けることです。

一日車検が可能な業者は、殆どがこの指定工場だと言えます。

車検場に車を持ち込まなくて良いので、スムーズに車検を受ける事ができます。

また、車検場は土・日・祝日はやっていませんが、指定工場であれば土・日・祝日でも保安基準適合証を使った対応が可能です。

指定工場と認証工場を見分けるには?

いつも利用していたり、これから作業を任せようと思っている自動車整備工場が、指定工場と認証工場のどちらなのかを知りたければ、標識を探して下さい。

指定や認証を受けた整備工場は、国土交通省令で決められた様式の標識を、見やすいところに掲げる決まりとなっています。

指定工場(指定自動車整備事業)標識認証工場(自動車分解整備事業)標識

この標識を見れば、その整備工場がどちらなのか一目瞭然です。

指定工場は青色、認証工場は黄色の標識をそれぞれ掲げています。

標識は技術力を示す基準ではない

指定工場と認証工場の説明をすると、指定工場のほうが優れていると思われがちですが、これは設備や人員の規模を示す標識であって、技術力を示すものではありません。

車検整備の場合は指定工場が設備の面で有利となっていますが、故障の修理やカスタムについては指定工場のほうが優れていると一概には言えません。

小さな整備工場でも、熟練された職人のような整備士や、若い夢を持った整備士が働いていることもあります。

標識は整備工場を選ぶ目安となりますが、ユーザーの立場に立ったメンテナンスをしてくれる整備工場を見つけるのが理想ですよね。

 


あなたの車は今いくら?

このキーワードよくネットで見かけますよね。

車買取一括査定の広告によく使われている文言なのですが、結局は査定に申し込みしないと自分の車の相場が分からないと言う仕組みです。

今すぐ買い替えじゃない場合は、まだ申し込みなんてしたくありませんよね。

でもやっぱり自分の車の価値や相場って気になりますよね。

実は完全に匿名で、車種などをポチポチ選ぶだけで相場を調べるサービスがあります。

私なんて気になりすぎて月イチくらいで調べてますよ。

車買取相場表を匿名で調べるための記事













公開日 :
更新日 :