所有権解除の手続きをしている自動車

ローン中の車を売却するときに、その自動車が所有権留保の場合は、所有権解除をしなければなりません。

また所有権留保のままでは、売却だけじゃなく名義変更や廃車にもできません。

そして、所有権解除の基本条件はローン完済ですので、残債を一括返済する必要があります。

指定口座に残債を振り込んで支払いが完了すると、信販会社から完済証明書や所有権解除に関する通知が送られてきます。

【自動車ローン】所有権留保で残債がある車の売却方法

残債は信販会社に問い合わせれば確認ができます。

※支払明細書や信販会社のウェブサイトに窓口の電話番号が記載されています。但し、契約者本人が電話しないと答えてもらえません。













普通自動車の所有権解除と必要書類

普通自動車の所有権解除は、車検証の所有者の欄に記載されている、ディーラーや信販会社から「印鑑登録証明書」「譲渡証明書」「委任状」をもらう必要があります。

※印鑑証明書は発行から3ヶ月以内のもの、譲渡証明書と委任状は指定の様式があります。

そのために、まずは使用者(自分)が「車検証のコピー」「完済証明書」「印鑑登録証明書」「自動車税納税証明書」などの指定書類を、所有者に送ります。

※このとき所有者により求められる必要書類が異なるので、事前に確認してください。

所有者:ディーラーの場合の参考例

「所有権解除依頼書(兼残高照会依頼書)」と「免許証のコピー」を提出し、ディーラーがローン完済を確認したあと指定の必要書類を送る。

所有者:信販会社の場合の参考例

車検証のコピーだけを送る。

必要書類がディーラーや信販会社から送られてきたら、使用者の「印鑑登録証明書」「実印」「車検証」を持って、運輸支局か自動車検査登録事務所に行きます。

そこで「自動車検査証記入申請書(OCRシート第1号様式)」「手数料納付書」「自動車税・自動車取得税申告書」を入手して手続きをします。

  • 引っ越しなどで使用の本拠が変わっている場合には、発行から1ヶ月以内の「車庫証明」も必要です。
  • また現住所(印鑑登録証明書の住所)まで辿れる住民票なども必要になります。
  • 婚姻等により名前に変更があった場合は、戸籍などそれが分かる書類も必要です。

軽自動車の所有権解除と必要書類

軽自動車の所有権解除に必要な書類は「軽自動車所有者承諾書、または軽自動車譲渡等承諾書」と「申請依頼書」です。

これらの書類が送られてきたら、「自動車検査証」「認め印」「住民票(発行から3ヶ月以内)」を持って管轄の軽自動車検査事務所に行き、所有権解除の手続きを行います。

その他に必要な「軽第1号様式の申請用紙」と「軽自動車税申告書」は軽自動車検査事務所にあります。

氏名等に変更がある場合は、戸籍などの書類が必要です。

このページに掲載している所有権解除の必要書類は一般的なものなので、地域によっては異なる場合もあります。

詳しくは管轄の当該機関に問い合わせてからお出かけください。

 


車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事













公開日 :
更新日 :