評価額の査定を待つVWゴルフ

自動車相続は、原則として「旧所有者が死亡した日から15日以内に行わなければいけない」と法律で決まっていますので、できるだけ速やかに手続きを行いましょう。

廃車処分にするにしても、第三者へ譲渡するにしても、まずは相続権のある人に名義変更をしなければ手続きを行えません。

手続きする場所や必要書類は、軽自動車と普通自動車で異なります。

また、管轄の軽自動車検査協会事務所、運輸支局、自動車検査登録事務所により、必要書類や未成年の相続による見解が異なる場合があります。

手続きに行かれる前に、関係機関で確認を取ることを強くお勧めします。













車の買取査定と評価額について

車の評価額は、減価償却費を用いた計算方法を利用する場合もあります。

しかしこの方法では、実際の市場価値と大きくズレることがあるため、買取業者や中古自動車査定士による査定で評価額を決めることが多いです。

車の売却や廃車を前提とした場合は、車買取業者による無料査定が可能です。

評価額の有料査定

売ることを前提としない場合は、例え無料で査定を受けたとしても評価額の証明となるような書類の発行は受けられない場合が多いです。

その場合は、JAAI (一般財団法人日本自動車査定協会)の査定業務実施店で有料査定を受ける事をおすすめします。

査定料は車種により異なりますが、軽自動車で5400円から、普通自動車で7020円からとなっており、この他に出張費が必要になる事もあります。

詳しくは協会にお問い合わせください。

最寄りの査定業務実施店は、こちらの「JAAI 事業所一覧」に記載の全国にある支所にお問い合わせください。

車買取業者に手続きを代行してもらう

車買取業者の利用は、無料査定以外にも2つの大きなメリットがあります。

・自動車相続の面倒な手続きを代行してもらえる

※通常の名義変更より手間がかかる為、業者によっては一部有料になる場合もあります。

・買取価格が高くなる可能性がある

※複数社の査定額を比較することで、買取価格を高めることが出来ます。

そしてインターネットから一括査定サイトを利用することで、サービスの良い買取業者を簡単に探すことが出来ます。

自動車相続の名義変更が含まれますので事情を説明する必要がありますが、一括査定サイトを利用すれば簡単に複数の業者を比較することが出来ます。

また、複数の業者の査定額も簡単に比較できますので、急な売却でも安く手放す心配がありません。

有料での手続き代行

車買取業者を利用しないで、誰かに手続きを代行してもらう場合は行政書士に依頼しましょう。

車の名義変更を行っている事務所であれば快く受けてくれます。

もしもどこに依頼すれば良いか分からないと言う場合は、その車の購入店に限らず、ご自分の付き合いのある自動車販売店などに相談すれば、手続きの代行や行政書士を紹介をしてくれると思います。

 


車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事













公開日 :
更新日 :