相続をする軽自動車のイメージ

軽自動車の相続手続きは、普通自動車と比べると簡単です。

軽自動車相続の必要書類まとめ
自動車検査証(車検証)自動車損害賠償責任証明書 または 自動車損害賠償責任共済証明書

住民票 または 印鑑証明など

戸籍謄本

認印

軽自動車検査証記入申請書(OCRシート軽専用1号様式)

軽自動車税申告書

自動車取得税申告書

ナンバープレート

手続きは、新使用者の居住地を管轄する軽自動車検査協会事務所で行います。

窓口に必要書類を提出すると、申請内容が書き換えられた新しい自動車検査証(車検証)が交付されます。

手続きの代行や評価額の査定については

【自動車の遺産相続】評価額は車買取査定と代行手続き

普通自動車の手続きについては

【普通自動車の相続】名義変更の手続き方法と必要書類













事前準備する必要書類

  • 車検証(切れていても名義変更はできます)
  • 自動車損害賠償責任保険証または自動車損害賠償責任共済証明書(自賠責の保険証)
  • 住民票または印鑑登録証明書
  • 戸籍謄本

住民票や印鑑証明は、新使用者の住所を証明する書類です。

戸籍謄本は、故人が死亡したことと、相続人(新所有者)と故人との関係を証明する書類です。

相続人が婚姻などの理由で、戸籍から除籍や転籍していて確認が取れない場合は、原戸籍謄本や相続人の戸籍謄本が必要なこともあります。

これらの書類は、発行から3か月以内のものを用意してください。

代理人が手続する場合

この手続きを代理人に頼む場合は、申請依頼書が必要になります。

これは委任状みたいなものです。

新所有者と新使用者が異なる場合には、新所有者と新使用者の両方を用意します。

同一の場合は、所有者と使用者両欄に相続人が記名・捺印します。

捺印は認印で大丈夫です。

軽自動車検査協会事務所にある必要書類

  • 軽自動車検査証記入申請書(OCRシート軽専用1号様式)
  • 軽自動車税申告書
  • 自動車取得税申告書

これらの書類は軽自動車検査協会事務所にありますので、手続きに行ったときに入手可能です。

新所有者と新使用者が異なる場合は、OCRシートに新所有者の捺印と新使用者の捺印または署名が必要になります。

この場合の印鑑も認印で大丈夫です。

ナンバープレートが変わる場合

故人と新使用者の住所が異なり、軽自動車検査協会事務所の管轄が変わる場合は、車両番号票(ナンバープレート)を交換することになります。

軽自動車のナンバープレートは、普通自動車のように封印がされていませんので、ドライバーで簡単に取り外すことができます。

ですから、相続する車両を持ち込んで手続きをする必要はありません。

相続する車両で手続きに行く場合は、協会事務所に停車するまでナンバープレートを外せませんので、ドライバーを忘れずに持参してください。

未成年者でも必要書類は同じ

ちなみに未成年者の名義に変更することも可能です。

その場合でも特別に用意しなければならない書類はありません。

 


車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事













公開日 :
更新日 :