フロントのフレームが曲がった事故車

中古車の購入を考えている人の多くが、事故車なんて買いたくないと思っています。

事故車では、どんな不具合が起こるか分からず、キレイに修理されていたとしても心配だからです。

つまりこれは、どんな事故車で、どんな不具合が起こるか分からないという、目に見えない不安の裏付けでもあります。













具体的な事故車の基準って知ってますか?

「事故車だから、事故に遭った車が全て事故車だよね?」と思った人も多いですよね。

一般的にそう認識されていますし、日本語の意味としても正しいです。

しかし、その定義では曖昧なのが実のところです。

自動車業界には「日本自動車査定協会(JAAI)」「日本中古自動車販売協会連合会(JUCDA)」「自動車公正取引協議会(AFTC)」などが協議して定めた「事故車の定義」が存在します。

その定義では自動車の「骨格(フレーム)の交換または修復した車のこと」となっています。

JAAI修復歴車の定義より

  1. サイドメンバー
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. トランクフロア
  9. ラジエターコアサポート

(1)から(8)の骨格部位に損傷があるもの又は修復されているものは修復歴となります。

但し、ネジ止め部位(部分)は骨格にはなりません。

(9)は交換されており、かつ隣接する骨格部位に凹み、曲がり又はその修理跡があるものが修復歴となります。

中古車の査定-修復歴の考え方 (JAAI)

フレームは車の根幹をなす部分であり、余程のことがない限り損傷を受けません。

ですから、この部分を交換または修復した車を「修復歴あり」と表示する義務が販売店にあります。

そして自動車業界ではこれを「事故車」ではなく「修復歴車」と呼びます。

ちなみに水害にあった車は修復歴ありと呼ばれないケースも多いので注意しましょう。

冠水車(水没車)の見分け方と修理費用や購入のリスク

修復歴ありに事故歴は関係ない

修復歴ありの車が、必ずしも事故歴ありの車とイコールだとは限りません。

例えば、走行中にマンションから植木鉢が落ちてきて天井が凹み、ルーフパネルの修復または交換をしたとなれば、この車は修復歴ありとして扱われます。

また、玉突き衝突などの大事故に巻き込まれながらも、フレームに問題が無ければ修復歴ありにはなりません。

つまり「ガードレールでバンパーを擦って修理した」とか「電信柱にサイドミラーをぶつけて交換した」といった、軽微な事故歴なら修復歴ありの条件に値しません。

フレーム以外の修理や交換は全て修理歴ですから、修復歴なしとなるのです。

例え「ドアやボンネット」「エンジンやマフラー」を交換しても「修復歴なし」です。

【事故車バレバレ】修復歴を隠して売るのはアウトだよ

修復歴なしなら査定に影響しないとは言えない

修復歴がある中古車の査定額は安くなるのですが、修復歴がなければ査定に全く影響しないとも言い切れません。

上で書いたように、ドアやボンネットを交換しても修復歴ありにはなりませんが、交換する際にボルトを緩めたり位置の修正をするので、その痕跡が車体に残ります。

このような場合は、査定士に交換の経緯を聞かれ修復歴なしと判断されても、査定に影響する可能性は少なからずあります。

【車査定基準】事故歴や修復歴とキズやヘコミの修理跡

車を売るとき傷や凹みを査定前に修理するべきなのか?

修復歴あり車のリスクを知っておこう

修復歴がある中古車は相場よりも安く売られていますから、「ちゃんと修理されているなら」と誘惑にかられてしまいます。

しかし購入の前に、その修復歴にどんなリスクがあるのかを把握しておくべきです。

修復歴車において特に問題となるのが「車体のゆがみ」です。

現在の自動車は殆どが「モノコック構造」と呼ばれる、フレームとボディが一体化している車体です。

このモノコック構造で作られた車は、軽量で剛性が高い半面、衝撃を受けると骨格全体に影響が行き渡ってしまうのです。

ですから衝突した部分のフレームだけを修復しても、他の骨格部分が変形して歪んでしまっていることがあります。

そうなると車体のバランスが崩れているので、走行中に車体が左右にぶれたり、まっすぐ走れなかったり、車が大きく振動したり、ドアがきちんと閉まらなかったりと、様々な不具合が発生してしまいます。

 


車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事













公開日 :
更新日 :