カーリースや自動車ローンのイメージ

車の購入でローンを組む人も多いですが、車のリースとローンではどんな違いがあるのでしょうか?

カーリースと自動車ローンの主な違い

1.頭金の必要性

ローンを組むときに、いくらか頭金を入れて月々の返済額を低く抑える人も多いと思います。

例えば、300万円の車を5年ローンで購入すると、月々の返済額は50,000円+金利となります。しかし頭金を100万円入れたとすれば、その分を差し引いた200万円でローンを組むことになり、月々の支払いが約33,330円+金利となります。

このように頭金なしで300万円でローンを組むよりも、100万円頭金を入れた方が月々の返済額が安くなります。

カーリースの場合は、残存価格(契約満了時の予想査定額)をあらかじめ設定して、その金額を車両価格からマイナスします。

つまり、この残存価格が頭金のような役割をしてくれるのです。

更に毎月の支払額を抑えたい場合は、追加で頭金を入れられるリース会社もあります。



2.毎月の支払額

ローン返済の場合は、毎月のローンだけ支払っていれば良いわけではありません。

車検費用、自動車税、オイル交換などのメンテナンス費用が必要になります。

カーリースの場合は、メンテナンス費用込みのプランにすれば、月々のリース料に税金、自賠責、車検代、メンテナンス費用などを含めることが可能です。

3.支払い終了後の車の所有権

ローン支払い中は、所有者がローン会社やディーラーになっている車でも、ローンを完済すれば所有権をあなたに名義を移すことが出来ます。

しかしカーリースの場合は、リース期間が満了しても所有者はリース会社のままですし、リース車をリース会社に返却しなければなりません。

ただし、契約内容や条件にもよりますが、カーリースでも自分の車にできる道もあります。

契約満了後に残存価格などをリース会社に支払って買い取るという方法です。

4.走行距離の縛り

カーリースでは、契約時にリース車の年間走行距離を設定し、それがリース料にも反映されます。

走行距離が長くなれば、リース終了時の残存価値が下がりますのでリース料は上がります。

契約するコースによりますが、年間10,000Km、15,000Kmなどあらかじめ決められた走行距離から選択したり、自分の好きな距離で設定したりします。

ローンの場合は当然ながら距離制限は一切ありません。

思う存分、好きなだけ車に乗れます。

ただ将来的に売ったり下取りに出す場合は、走行距離が多ければ価値が下がる点はリース車と変わりませんね。

カーリースと残価設定ローンとの違いは?

残価設定ローン(残価設定型クレジット)は、新車時に残価(ローン期間終了後の査定額)を設定し、その額を車両価格から引いて3年から5年のローンを組みます。

ただし設定した残価は値引きされた訳ではなく、ローン支払いの最終回に据え置かれる形です。

例えば、300万円の車を3年(36か月)の残価設定型クレジットで購入すると

設定された残価が100万円なら、300万円-100万円=200万円ですから、200万円+金利を35か月で分割払いします。

そして最終回の36か月目の選択肢は3つ

  1. 新しい車に乗り換える
  2. 車を返却する
  3. 車を買い取る

ここで「新しい車に乗り換える」か「車を返却する」のどちらかを選択した場合は、残価の100万円を支払う必要はありません。

※但し、設定した年間走行距離をオーバーしたり、車体にキズがある場合など、状況によっては精算金が必要になります。

「車を買い取る」を選択した場合は、残価100万円を支払うことになります。

このように、あらかじめ残存価格(予想査定額)を設定してその金額をマイナスする点をみると、カーリースと残価設定型クレジットは似ていると言えます。








残価設定ローンとカーリースの類似点

残価設定型クレジットとカーリースの似ている点は下記の4つあります。

  • 年間走行距離を契約時にあらかじめ設定しなければならない。
  • 契約満了時「新しい車に乗り換える」や「車を返却する」の選択で、実際の査定額と残価(残存価格)が同じなら追加精算は無し。
  • 契約満了時「車を買い取る」の選択をした場合は、残価(残存価格)を支払う。
  • 毎月の返済額が抑えられるので、ワンランク上の車にも手が届く。

カーリースと根本的な違い

それではカーリースと残価設定型クレジットとは何が違うのでしょうか?

残価設定型クレジットもローンですから、毎月ローン以外の維持費が必要になります。

所有権はディーラーやローン会社にありますが、最終的に残価を支払えば所有権を自分に移すことが出来ます。

つまりローンは車を買うことで、カーリースは車を借りることです。

この他にも異なる点が2つあります。

カーリースは選べる車が豊富

カーリースでは、あなたの乗りたい車なら何でもOK(国産車に限っているリース会社もあり)ですが、残価設定型クレジットで購入できる車種は限定的なディーラーが多いです。

日産やスバルのように全車種対象としているディーラーもありますが、それでも一部グレードは対象外だったり、新車に限られていたりします。

このような制限が、カーリースにはありません。

新車でも中古でも、好きなメーカーの好きな車種とグレードが選べるのです。

期間満了時の選択肢が豊富

「新しい車に乗り換える」「車を返却する」「車を買い取る」という選択肢は同じですが、カーリースには「再リースする」という選択肢もあります。

いささか強引な〆となりましたが、車を買うときに知っておきたい、ローンとカーリースの主な違いは以上です。

 


あなたの車は今いくら?

このキーワードよくネットで見かけますよね。

車買取一括査定の広告によく使われている文言なのですが、結局は査定に申し込みしないと自分の車の相場が分からないと言う仕組みです。

今すぐ買い替えじゃない場合は、まだ申し込みなんてしたくありませんよね。

でもやっぱり自分の車の価値や相場って気になりますよね。

実は完全に匿名で、車種などをポチポチ選ぶだけで相場を調べるサービスがあります。

私なんて気になりすぎて月イチくらいで調べてますよ。

車買取相場表を匿名で調べるための記事