新車値引きを説明する自動車販売店スタッフのイメージ

新車を購入する時に、全くの値引き無しで購入する人は、あまりいませんよね。

新車の値引き額は、車種やメーカーなどにより異なりますが、大抵どんな車でも数万円から数十万円の値引きが受けられます。

また中古車でも交渉次第で、諸費用のカットなど金額は新車より少ないですが値引き交渉が可能です。

新車値引きはディーラー営業マンの武器である

この新車値引きは、ディーラー営業マンにとって大切な武器となりますから、いきなり大きな値引きは出さずに、交渉によって値引き額が上がっていくことが多いです。

例えば、はじめは10万円程度の値引きだったが、他社のライバル車の見積もりも交えて交渉しているうちに、営業マンが最終的に20万円の値引きカードを切ってくるようなイメージです。

更にこの見積もりの中に下取り車が含まれている場合は、下取り車の査定価格アップというカードも営業マンが持っていることになります。

ですから、新車値引きと下取り査定額を使って、上手に交渉してくるのがプロのディーラー営業マンなのです。

新車値引きと下取り価格の合わせ技に注意

新車には定価があります。

そして販売店(自動車ディーラー)はメーカーからの仕入れ価格(仕切り)があります。

つまり販売価格と仕入れ価格の差額が利益になるわけですから、なるべく値引きを少なくして車を売れば販売店の利益は多くなります。

つぎに下取り車がある場合です。

新車を買うための下取りなんだから高額査定が出るだろうと勘違いをしている人も多いのですが、ディーラーは下取りした車を買取店と同じように中古車として流通させて利益を出しているので、必ずしも高いわけではありません。

むしろ納期が長い新車の場合なら、強気な下取り価格を出すことが出来ず、かなり安い査定額になることもあります。

また例えば、最初の商談で新車値引きが10万円、下取り価格が30万円だったとします。

それから何度かの価格交渉で、最終的に新車値引き15万円、下取り価格40万円になりました。

これは最初の商談よりも合計15万円も得をしているような感覚になるのですが、もしも買取専門店で45万円で売れる車だったとしたら5万円の損をしたことになります。

もちろん新車ディーラーに悪気があったわけでは無く、下取りでは強気な査定が出さなかったのだと思います。

新車値引きと下取り価格は分けて考えるべき

新車を購入するときは、車両本体だけでもかなり高額な買い物なのに、カーナビなどのオプションをどうするかなど様々な選択を迫られて、正常な判断が出来ないこともあります。

そんな時に最初の見積もりが

  • 新車値引きは13万円
  • 下取り価格は48万円
  • オプションサービス10万円
  • ディーラーオプション値引き4万円
  • 納車費用1万円相当サービス

ここから、新車の値引きが5万円増えて18万円、下取り価格は10万円増えて58万円、メーカーナビを社外ナビに変更して10万円安くなって、トータルで25万円安くなった。

このような計算していると、だんだん本質が見えなくなってきます。

特に新車値引きと下取り査定は、『値引きが厳しいので下取りで頑張ります!』みたいな感じに合算して考えられるケースも多く、本当に得なのか判断が難しい場合があります。

ですから、下取りを含める場合と含めない場合の両方を想定したプランを立てるほうが分かりやすいのです。

そして、最終的に買取業者の査定と下取りを比較して、どちらか高いほうで売却するれば下取り車で失敗することはないと言えます。

 


 

あなたの車は今いくら?

このキーワードよくネットで見かけますよね。

車買取一括査定の広告によく使われている文言なのですが、結局は査定に申し込みしないと自分の車の相場が分からないと言う仕組みです。

今すぐ買い替えじゃない場合は、まだ申し込みなんてしたくありませんよね。

でもやっぱり自分の車の価値や相場って気になりますよね。

実は完全に匿名で、車種などをポチポチ選ぶだけで相場を調べるサービスがあります。

私なんて気になりすぎて月イチくらいで調べてますよ。

車買取相場表を匿名で調べるための記事

 

 

『知り合いの自動車保険が高すぎだったYouさん』

何の疑問も持たずに親の知り合いの代理店で自動車保険に加入していました。

古くからの知り合いという安心感と、料金はどこも同じだろうと言う気持ちからです。

それで最近、妻が軽自動車を購入することになったので、何となくネットの一括見積もりに申し込んでみたところ、かなりの衝撃でした。

ネットの見積もりがこんなに安いなんて、いままでどれだけ保険料を無駄にしていたのかと。

さらにインズウェブなら申し込みから見積もりまでとても簡単だし、大手保険会社ばかりなので色々と安心して利用出来ました。

父には申し訳ないけど、次の更新で自分の車の保険も乗り換えるつもりです。

保険の窓口インズウェブ