カーディーラーで下取り査定を受けた女性のイメージ

最近は車の買い替えのときに、車買取専門店を利用する人が増えてきました。

しかし下取りを利用する人もまだまだ多くいます。

買取業者のほうが高く売れると言われているのに、下取りを利用するのには何か理由があるはずです。

そこで下取りのメリットとデメリットをくらべてみました。

車を下取りに出すメリット

主なメリットは4つあります。

1.売却から購入まで全て同じ業者

車の買い替えのときに、購入手続きから納車まで全て同じ販売店で済ませられるので、あちこち行く手間が必要なく面倒が少ないです。

ただし下取り車の査定額が本当に適正価格なのかという不安が残ります。

2.納車されるまで今ある車

新しく購入した車が納車されるまで、基本的に現在ある車に乗り続けることができます。

ただし購入した車の納期が長い場合は、早めに引き取られることもあります。

そんな場合は代車を借りられる場合もあるので、担当とよく話し合いましょう。

3.どんな車でも下取りしてくれる

買取店で査定額が付かないような、古くて人気がない、走行距離が多い、事故車や故障車などでも一定の査定額を得られる場合が多いです。

ただし価値のあまり無い車の下取りなら、価格は期待できません。

また、購入する車の値引きを少なくして帳尻を合わせられる可能性も否定できませんが。

たまにあるメーカー主導の下取りキャンペーンをしている場合なら、買取店を利用するより高くなる可能性もあります。

4.車を買うからサービスが良い

販売店からすれば、車の販売と下取り車の両方で利益を出せるので、自然と対応が良くなる事もあるでしょう。

ただし査定額が買取業者より高くなる保証ありません。

車を下取りに出すデメリット

主なデメリットは3つです。

1.高額査定の機会損失

車の査定額は業者により、かなりの差があります。

ですから複数の業者で査定を受けなければ、その査定額が安いのか髙いのかを判断できません。

ただし買取業者の査定額を確認したうえで下取りに出すのなら問題ありません。

2.査定料を取られる

新車の下取り査定は、メーカーのマニュアルに沿った場合が多く、査定料を取られる場合もあります。

一般的な買取業者は無料査定が基本なので、これだけで1万円前後のマイナスになります。

ただし下取り査定をした後に、実際に下取りに出さない場合は、査定料を請求されることは少ないです。

3.査定額の保証なし

人気の新型車の場合は、納期が半年から1年と言う事も珍しくありません。

ですので下取り査定額を保証してもらえず、具体的な納車時期が分かってから再査定になるケースもあります。

ただし買取の場合にも見積もり有効期限がありますから、基本的に手放せる時期が分かってからの査定になります。

下取りの一番のメリットは面倒がない事

新車や中古車を買うときに、先に今ある車を売って、そのお金を頭金にして次の車を買う人はあまりいません。

何故なら、そのやり方だと車が無い期間が少なからず発生するからです。

完全なレジャー用の車であれば問題無いかもしれませんが、通勤や買い物などに車が無いと困りますよね。

買取査定を受けずに下取りで済ませてしまう理由は、こんな心配はありません。

そんなややこしい事が無いのが下取りの最大のメリットでもあります。

 


 

車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事