ボディの傷を念入りにチェックする若者

中古車査定のとき、査定士は一体何をチェックしているのでしょうか?

ここでは査定士が見ている、外回りのポイントを説明してまいります。

車の外装は最初に目に入る部分ですから、前後・左右・天井・底まで隅々チェックしているんですよ。













ボディーカラーは定番の白と黒のパール系が人気

ボディーカラーは、ホワイトやブラックといった定番色の需要が多いので、それらがプラス査定になりやすいです。

但し車種によっては、白黒以外が人気の場合もあるので、一概に他の色がマイナス査定になるとは言えません。

例えば、イタリアの高級スポーツカーであるフェラーリなら赤色がイメージカラーですよね。

国産でも、スバルのインプレッサなら、スバルブルーは人気が高いです。

中古車買取査定でのプラス査定とマイナス査定について

キズ・ヘコミ・汚れは自分の力量に合ったメンテナンスを

査定基準となる標準状態は、キズや汚れのない状態ですから、汚れていたり傷や凹みがあれば、マイナス査定になる可能性があります。

しかし、だからといって査定前に高額な修理に出す必要はありません。

査定では修理代は考慮されませんから、場合によっては修理代のほうが高くつくかもしれないからです。

「じゃあ、自分で直そう」という甘い考えも、メンテナンス素人なら捨てたほうがいいです。

いかにも修理しましたという程度の仕上がりでは、見た目が悪くて逆効果なんてことも考えられます。

軽度の傷や凹みは買取業者が安く修理できるので、大きなマイナス査定を心配する必要はありません。

査定前のメンテナンスは、洗車やワックス掛けくらいが無難です。

ガラス・ライト・ランプ・レンズ類の劣化や破損

「ヘッドライト」「ウィンカー」「ブレーキランプ」「テールランプ」といったレンズ類も査定の対象となります。

球切れや故障で点灯しなかったり、ランプカバーにキズや破損があったりすれば、もちろん減点の対象となります。

最近増えているヘッドライトの黄ばみは、経年劣化を考慮しても、状態が悪い場合はマイナスになる可能性があります。

また「フロントガラス」に飛び石によるキズがないか、査定士はチェックしています。

割れやヒビがあると整備不良とみなされますし、車検にも通らない事もあるため、売る方としても見て見ぬふりは出来ません。

フロントガラスを交換は部品代と工賃が高額なため、査定への影響は大きいです。

 足回り・下回りは覗き込まれます

車の足回りや下回りも、念入りにチェックが入るポイントです。

「タイヤのサイズや残り溝」「ホイールのキズ」「タイヤハウスの中」「オイル漏れやにじみの有無」「マフラーの状態」などを確認します。

特に車の下回りは錆びやすいので、乗り上げによる損傷や修復跡がないかチェックされます。

もしかして事故車?中古車が修復歴ありになる基準とは

この他の外装チェックポイントは、ドア、ウィンドウ、サンルーフが問題なく開け閉めできるか、テレビやラジオのアンテナに不具合はないか、塗装の色あせやムラがないか、ナンバープレートが正常に取り付けられているか、ボディに歪みがないか、車高の高さは正常かなどです。

 


車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事













公開日 :
更新日 :