自動車の取扱説明書と保証書

内外装、エンジン、駆動系以外の部分で査定士がチェックするポイントです。













取扱説明書や保証書は大切に保管しておこう

自動車関連の取扱説明書といえば、車本体だけでなく、カーナビやカーオーディオといった機器、チャイルドシートや社外パーツなど色々とあります。

そして、これらの説明書の有無が査定額に影響する事があります。

まさか「読んだらいらない!」と思って、捨てていませんよね? もしも捨ててしまった人は、次からは捨てないようにしましょう。

特に重要な取扱説明書は「自動車本体」のもので、つぎにカーナビやカーオーディオ、最後に社外パーツになります。

純正部品や操作が複雑な電気部品の説明書が重要度が高く、簡単に取り外しが可能な社外パーツほど説明書の重要度は低いです。

例えばチャイルドシートの説明書は、基本的に中古車査定に影響がありませんし、そもそもチャイルドシートを車の査定に含めないのが一般的です。

しかし、もしもリサイクルショップや個人オークションでチャイルドシートを売却したい場合は、取り扱い説明書もあった方が高く売れる可能性があります。

この他に保証書やの有無も査定に影響します。

スペアキーや各種リモコンの紛失はマイナス査定

スペアキーや予備のキーレスエントリー(リモコンキー)、スマートエントリーも査定に影響します。

他にも盗難防止装置やエンジンスターターの装着車なら、それらのリモコンも必要です。

スペアタイヤ(応急パンク修理キット)、車載工具、ジャッキ、発煙筒などの備品も揃っていた方が良いです。

中古車買取査定でのプラス査定とマイナス査定について

どれも「それくらいで?」と思われるかもしれませんが、次にその車に乗る人のことを考えれば、あった方が良いに決まっています。

なるべく新車に近い状態で、新車時に付属している備品もあるのがベストだと考えれば分かりやすいですね。

ただし、このような小物や備品を紛失したからと言って、査定前に購入する必要はありません。

査定でマイナスの影響があっても、購入する金額を考えるとわざわざ購入する金額の方が大きくなるからです。

またこういった部分の紛失については、自ら査定士に報告する必要はありません。

査定時に確認が困難な修復歴などと異なり、この程度の見落としは査定士の責任だからです。

しかし説明書など完備している場合は、良いセールスポイントになりますので、助手席の上にでも置いてさり気なくアピールしましょう。

 


車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事













公開日 :
更新日 :