ボディカラーの確認をする板金職人

査定士は通常の査定と同時に、事故の修理跡や修復歴も探しています。

事故歴や修復歴があれば自分の車が高く売れないと思って、自己申告せずに隠す人もいますが、査定士を甘く見てはいけません。

どんなに綺麗に修理されていても、彼らが見れば修理跡や修復歴を見抜くことができます。

それでは車のどこをチェックすれば、事故歴や修復歴があると分かるのでしょうか。

ボディーパーツの隙間が不自然ではないか

バンパー、ボンネット、ドア、トランク、フェンダー(タイヤを囲っている部品)など各パネルの隙間をチェックします。

事故を起こした車だと、これらの部品とボディーの隙間が一定でなかったり、浮いていることがあるためです。

またドアの下の敷居にあたる部分で、サイドシルと呼ばれるフレームを下から見て、溶接や交換した痕跡がないかも確認します。

もしかして事故車?中古車が修復歴ありになる基準とは

ボルトやナットのネジ山や塗装の剥げ

車に使われているボルトやナットには、ボディーと同色の塗装が施されています。

この塗装が剥げていたり、ねじ山が潰れていれば、そのボルトを外したことが分かります。

そして、ボルトを外したということは、何かしらの修理や交換をした可能性が疑われます。

【事故車バレバレ】修復歴を隠して売るのはアウトだよ

シーラーに不自然な波打ちがないか

ドア、ボンネット、トランクリッド、バックドアなどは、気密性を高めたり水漏れを防ぐためにシーラーと呼ばれるペースト状のものが塗られています。

そのシーラーが他の箇所と比べて色が異なっていたり、例えば左右のドアを見比べてみてシーラーの形に違いがあれば、修理がおこなわれた可能性ありと判断されます。

トランクルームの内張りをめくる

後部から追突された車だと、スペアタイヤを降ろした時に見える床下が波打っていることがあります。

また、錆びるはずのない部分が錆びていれば、何か修理がおこなわれたけれども、それが不十分だったのではないかと推測できます。

タイヤハウスを見てフェンダーを触った痕跡を探る

タイヤハウスのフェンダーにはスポット溶接(直径6ミリほどの丸い凹み)の跡がいくつかあります。

このスポット溶接の場所が左右で異なっていたり、スポット溶接の跡自体が無かったりすると、フェンダーごと交換した可能性があります。

ナンバープレートは前後の中央にあるので

ナンバープレートが曲がっていたり歪んでいたりすれば、何かにぶつかった可能性が考えられます。

これは査定士でなくても容易に想像がつくことですね。

この他にも査定士が事故歴や修復歴の有無を確認するポイントは沢山あります。

一般の素人がフレームをチェックするのは難しいかもしれませんが、中古車を購入する際に事故車を見極めるポイントにもなりますので、覚えておくと良いでしょう。

車を売るとき傷や凹みを査定前に修理するべきなのか?

 


 

車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事