自動車ローン中の車を売るイメージ

自動車は多くの人にとって、人生でマイホームの次に高い買い物です。

そして家を買うときに大半の人が住宅ローンを組むように、車を買うときも自動車ローンなどの分割払いを利用する人が多いです。

自動車ローンの提供元は3種類

自動車ローンの種類は、大きく分けて3種類あります。

  • 自動車メーカー系列ファイナンス「ディーラー系オートローン」
  • 銀行、信用金庫、JAバンクや労働金庫など「銀行系マイカーローン」
  • 信販会社が独自に展開している「信販会社系カーローン」

どのローンを選ぶかは、金利や利用条件など総合的に判断して下さい。

例えば、ディーラー系オートローンでは、車種や期間限定で特別低金利キャンペーンを行っていることもあります。

銀行系マイカーローンでは、住宅ローンを組んでいる人なら金利が優遇されることもあります。

しかし一般的な銀行系マイカーローンは、「申し込みの必要書類が多い」「審査が厳しい」などの理由で借入までに時間がかかる場合があります。

ディーラー系オートローンや信販会社系カーローンなら、手続きが簡単で審査が比較的スムーズでスピーディーな事が多いようです。

自動車の名義は所有者と使用者に分かれることがある

自動車ローンが終わる前に、何らかの事情で手放したり、新しい車の購入をするために売却したい人もいます。

そんな時に確認しなければならないのが、車検証に記載されている所有者の名義です。

これを「所有権」の確認といいます。

ローンで購入した車は、所有者がディーラーや信販会社になる場合があります。

この場合、ローンを支払っている人は「使用者」ということになります。

そして使用者は所有者の了承なしに車を売ることはできません。

このような状態の車を「所有権留保車」と呼びます。

銀行系マイカーローンを利用した場合は「本人所有」となるのが一般的です。

この場合は、所有者と使用者が同じなので、車の売却を自由に行えます。

所有権解除の条件と必要書類

所有権解除の手続きは、「車を購入したディーラー」「車の売却する買取専門店」「新しく購入する車のディーラー」などで代行してもらえます。

必要書類は「印鑑証明書」「委任状」「車検証」「完済証明書」などで、代行業者によって異なる場合もあります。

また、代行料も無料だったり有料だったりしますので、必要書類と合わせて事前確認しましょう。

自動車ローン残債がある状態で所有権解除できる?

所有者の承諾があれば所有権解除できます。

  • 車を維持できないほど生活が困窮している
  • 事故や災害で廃車にしなければならない

このようなやむを得ない事情なら、残債があっても所有権解除をして車の売却を認められることもあります。

しかし基本的には、ローンが残ったままでの所有権解除は認めてもらえません。

但し、車の売却金をローン残債の返済に充てることを示せれば、所有権解除の承諾が得られることがあります。

【自動車ローン】所有権解除の方法と手続きの必要書類

車を売ってローン残債を完済する方法

車買取専門店などが行っている、一括返済代行サービスを利用すれば所有権解除ができます。

但し、車買取専門店での売却が前提の所有権解除ですので、車が使用者の元に戻ることはありません。

査定額が残債を上回れば、業者が一括返済を行って残った金額を依頼者に支払ってくれます。

査定額が残債を下回った場合は、売却金を残債の返済に充て、不足分は別途準備が必要になります。

不足金の準備方法は、使用者が現金を用意するか、新たにローンを組むなどして代行業者に支払います。

この新たなローンは、買取専門業者で取り扱っていることが多いです。

このようにローン完済の目途が立てば、所有権解除の手続きが可能になります。

自動車ローンは計画的に

「事故で廃車にするしかない」

「リストラで生活が苦しい」

車を買うときに予想もできなかった状況になれば、一度ローンを清算してやり直すことも考えましょう。

ローンを組んで購入した車ですから、責任をもって返済することも大切です。

しかし自身の経済状況や車の維持費のことも考え、無理のない堅実な生活スタイルに変更する勇気も大切です。

定期的な新車の乗り換えが希望の場合なら、カーリースもおすすめです。

 


 

車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事