複数社査定と価格交渉は面倒臭い

業者によって査定額に大幅な差が出ることがあるので、複数の見積もり査定を貰わなければならず、時間や手間がかかります。

ネットの一括査定サイトを利用すれば、一度の入力で複数社同時に依頼が行えます。

そして高額査定が出そうな業者だけに出張査定を依頼すれば、ある程度の手間は省けます。

しかし、一括査定サイトでの申し込みは、名前や住所などの個人情報を入力しなければなりません。

それに抵抗がある人は、自分の足で複数の専門店を回るしかないでしょう。

ただし査定の時に車検証を出す必要があるので、直接専門店に行っても個人情報を隠すことはできません。













他の買取専門店ならもっと高いかも

複数の専門店で査定を受けていると「次の業者なら、もっと高く売れるかもしれない」と思ってしまい「ここで売る」という決心がなかなか出来なくなります。

さらに売ると決めた後でも「まだ見せてない業者ならもっと高かったかも」という欲が頭をよぎります。

【車買取専門店】メリットは高額査定と大手の安心感だという記事で紹介した、0円査定が10万円になったケースでは、2店舗で査定を受けました。

その結果は、1店舗目が5万円、2店舗目が10万円でした。

当時は10万円で満足して売ることにしたのですが、後になって「他の店舗に行ったらもっと高く売れたかも」と思うこともありました。

下取りのほうが手続きが簡単

下取りなら商談から手続きまでディーラーだけで済みますが、車買取専門店で売却しディーラーで購入する場合は、複数の商談や手続きを行わなければなりません。

また商談のために長距離の移動しなければならない場合には、交通費やガソリン代も気になります。

新車や中古車の下取りにはメリットとデメリットがある

納車まで待ってもらえない

車を売る店と買う店が異なる場合は、次の車が納車されるまで売却する車に乗り続けられる可能性が低いです。

専門店での売却が決まったら、通常は1週間以内に車を引き渡すことになります。

納車までの移動手段は、電車やバスなど公共交通機関を利用する人が多いですが、買い物などで不便に感じることもあります。

公共交通機関が整っていない地域に住んでいて、毎日の生活に車が欠かせない場合は大問題です。

ただ最近は車買取専門店で代車を借りられる場合もあるので、査定額だけでなく必要なサービスも交渉して売却先を選択することもできます。

デメリットがあっても利用価値がある

車買取業者での売却は、面倒や不便なこともありますが、下取りより高額査定が期待できるのは大きな魅力です。

大切にしていた車なら、少しでも高く売りたいと思うのは当然のことです。

車の買い換えを考えている人は、車買取専門店で査定を受けてみるのも悪くないですよ。

思わぬ高額査定が出れば次の車の予算に余裕が出ますし、もしも査定額が安くても、その時は車を売らなければ良いだけですからね。

 


車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事













公開日 :
更新日 :