即日現金で車を売るイメージ

車買取専門店などで車を売った場合、代金の支払いは後日銀行振り込みになることが殆どです。

振り込みまでの日数は、早くて2日ほどですが、概ね3日から1週間程度となっている買取店が多いようです。

即日現金でないと不安?急に現金が必要になった?

なるべく早く現金が必要なときは、契約に必要な書類を事前に揃えておけば、スムーズに取引が進みます。

ただし下取りの場合には、次に買う車の価格から下取り価格が引かれる形となるので、このようなお金のやり取りはありません。

何故すぐに現金をくれないのだろう

リサイクルショップやネットオークションやフリマアプリが身近になった影響もあってか、個人でも中古商品の流通が当たり前の時代となりました。

そして、『宝石・金・プラチナ・時計・貴金属・ブランドバック』などの高級品から、『CD・DVD・ゲーム・本・玩具・家具・家電』など身近なものまで、様々なユーズド品の殆どが価値があれば即日現金での売却も可能だと言えます。

ですから、一般的な車買取専門店での買取が現金取引ではないことを、不安や不満に思う人も少なくないようです。

車買取の取引で即日現金が少ない主な理由

中古車の売買は名義変更などの手続きが必要なので、必要書類の準備や確認の時間が必要になります。

そしてプロが査定すると言っても絶対に見落としがないとは言い切れません。

特に出張査定の場合は車両を念入りに検査できるわけではないので、引き渡し後に修復歴や事故歴の有無を再確認する必要があります。

それと、車の売買は高額な取引になりがちなので、即日現金で取引するとなると店舗に多額の現金を置いておかねばならず不用心と言えます。

また出張査定では査定士に多額の現金を持たせるのはあまりに危険すぎますよね。

また、大手買取専門店の場合は支払いの前に本部の事務手続きが必要になります。

つまり、査定するところと現金を振込する部署が異なるのです。

最後にこれが一番の理由と言えるのですが、自動車の即日現金買取は後で何らかのトラブルになる可能性もあるからです。

例えば、やっぱり売りたくなかったとか、返して欲しいとか、他にもっと高く買ってくれるところがあったとか・・・。

このように買取業者からすれば、修復歴の隠蔽や盗難車などの犯罪、またはその他のトラブルになる可能性がゼロではないので、現金化を急ぐ客を警戒していると言えるのです。

どうしても現金買取を希望する場合は自分の足で探そう

即日現金で車を買い取りしている業者も、じっくり探せば見つからないわけではありません。

全国的に有名な業界大手では、余程のことがない限り現金での買い取りはありませんが、中古車販売店を兼ねているような地元の中小規模買取店では、臨機応変に現金対応が可能な場合もあります。

現金取引可能な業者の探し方
  • 一括査定を利用して、申し込み可能業者から中小の業者を外さない。
  • 大手買取店にも査定依頼をして、現金買取が可能じゃないか交渉してみる。
  • 電話帳(タウンページ)の自動車関連サービスの項目にある自動車販売(中古車買取)に掲載している業者に片っ端から電話する。
  • 中古車販売店を直接訪問して現金買取を希望する。

このなかで簡単なのは、一括査定を利用して連絡があった業者の中から、即日査定と現金取引が可能なところを探すことです。

ただし車種や年式によっては、現金取引は不可能となる可能性もあるので、その場合は電話帳を活用して探すしかありません。

直接訪問して即日現金買取を希望すると、足元を見られますので最後の手段としましょう。

そうでなくとも、現金買取で売却を急ぐ場合は、買い叩かれる可能性が非常に高くなります。

なるべく多くの業者の査定を受けて、適正価格で買取してもらえるよう交渉しましょう。

また、必要書類の準備もお忘れなく。

 


 

車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事