自動車ディーラーのセールスマンのイメージ

車を売却する方法には、大きく分けて『買取』と『下取り』の2つがあります。

「個人売買」や「オークション」といった方法もありますが、色々書くとややこしくなりますので、ここではちょっと忘れてくださいね。

下取りとは?買取とは?日本語の意味から

まず車の”下取り”とは、新しく新車や中古車を購入するときに、その販売店で今ある車を買い取ってもらうことです。

ディーラーなどの販売店で下取り査定を受けて、その査定額を購入する車の代金の一部に充てる事になります。

ですから、その販売店で車を購入しない場合は、そもそも下取りという言葉を使用することはできません。

次に車の”買い取り”とは、車買取専門店などで車を売ること全般を指します。

つまり車を購入しない場合に、車の販売店で車を売ることは下取りではなく買い取りと言うことになります。

買い取りの流れは、車の買取査定を受けて提示された価格に納得した場合に売買契約をする事になります。

利用者にとっては車を売るだけを意味しますので、新たに車を購入することなく利用できます。

また、新しい車を購入する場合でも、必ずその販売店の下取りを利用しなければならないという義務はありません。

買い取りと下取りの査定額を比較して、購入店と買取店を別々に利用することも出来るのです。

車買取と下取りの査定額を比較する方法

新しく車を購入する場合なら、買取も下取りも言い方が違うだけで、次の車の支払いの一部(頭金など)になることが多いです。

ですから、査定価格を比較して高いほうを選択したほうが、お得に車の買い替えをする事ができます。

また、車の査定基準は業者によって異なりますので、買取と下取りの査定額の差が、数十万円になることも珍しくありません。

下取りで10万円と言われた車が、買取業者を比べただけで20万円~30万円で売れたなんて、本当によくある事です。

ほんの何社かの査定を受ける手間だけで《数十万円》も得をする可能性があるのですから、それを知っている人なら必ず受けますよね。

それでは、どうすれば買取と下取りを比較する事ができるのでしょうか?

下取りは新しく買う車の見積もりのとき

まず下取りと買取を比較する場合は、新しく購入する車の見積もり時に『下取りありの見積もり』をもらう必要があります。

購入予定の車を試乗したり、商談をしているときに査定してもらえます。

可能でしたら、購入予定の車だけの見積もりと、下取りを含めた見積もりの2種類をもらえば分かりやすいですね。

ただし、まだ車の購入が決定していない場合や、下取り価格があまり期待できない場合は、正規の見積もりではなく口頭で査定額を伝えられる場合もあります。

事前に車買取相場表を確認しておき、その金額を大きく上回っている状況でもなければ、まずは口頭でも問題無いと思います。

車買取相場表で愛車の売却前に査定相場を手に入れよう

これは車の査定額が時間と共に変動しやすいため、見込み段階では正式な金額を出せないケース(車種など)なのだと思われます。

それとこの時に、販売店の営業マンに買取業者の利用の可能性を伝えても特に問題ありません。

最近は、車買取専門店を利用する人が増えてきましたし、下取り査定を高く出せない場合にディーラーから買取業者を推薦してくる場合もあるくらいなので、買取店の利用で相手の態度が変わる心配などを気にする必要はありません。

買取業者の利用は購入を決めてから

次に買取業者での査定です。

全国に車買取専門店と呼ばれる業者は沢山ありますし、買取にチカラを入れている中古車販売店も多くあります。

ですから、どこが一番高く査定してくれるのかをピンポイントで狙うよりも、複数の買取業者に査定を依頼して、その中で一番高いところを見つける方が簡単です。

複数の業者の査定を受けるのは面倒だと思われるかもしれませんが、一括査定を利用すればとても簡単に申込みをすることが出来ます。

このとき、新しい車の購入をある程度決めてから査定を受ける事をお勧めします。

何故なら、買取業者は買取することを目的としていますので、本気で売る気がある人でなければ高額査定を出してくれません。

つまり、売却時期がある程度は決まっている状態でなければ、査定する側も適当な返答をできないと言うことです。

中古車の購入の場合は納車が早いのであまり気にする必要はありませんが、新車の場合で納期が遅くなりそうなら代車の利用や、納車前1ヶ月前から2ヶ月前程度の査定が理想です。

 


 

車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事