「最高値の買取店が簡単に探せる」のイメージ

車買取専門店と呼ばれる業者は全国に沢山ありますが、最近ではその殆どが中古車販売にも力を入れており、買取だけの専門業者という事業形態は少なくなっています。

これは買取業者の競争が激化している裏付けでもあり、買取から販売までを一括して手掛けなければ利益を確保するのが難しくなっている為だと言えるでしょう。

まだ車買取を専門にした業者が珍しかった90年代後半から00年代初頭では、買取した車を業者オークションに流すだけで十分な利益が得られていました。

しかし車買取業者が多くなり、ギリギリまで高額査定を出さなければ買取できなくなってしまったのです。

そして現在は、高額買取した車は業者オークションで利益を出しにくいことから、自前の中古車センターで販売するというのが主流となっています。

利用者はドコを選べばよいのか?

従来の車買取業者や中古車販売で全国的に有名な業者は、ガリバー、ビッグモーター(ハナテン)、ラビット、アップル、カーチス、ユーポス、カーセブン、JAC(ジャック)、ケーユーなどがあります。

そして自動車メーカーのディーラー系列では、トヨタのT-UP(ティーアップ)、日産のカウゾーなどが有名です。

また最近では、大手カー用品店のオートバックスも車買取に参入しています。

他にも国道沿いや主要幹線道路を車で走ると、看板に高価買取なんて書かれた中古車センターを目にしますよね。

そんな地元中小の中古車販売店や車買取業者を含めると、全国で数千の業者があると推測されます。

はたして、利用者はどの業者を選べばよいのでしょうか?

車買取業者の利用目的は単純明快だが

まずは「なぜ車買取業者を利用するのか」を考えてみましょう。

もちろん理由は車を売りたいからだと思いますが、その心の奥に高く売りたいと言う気持ちも当然ありますよね。

ですから、自分の車を一番高く買ってくれる業者さえ分かれば、何も苦労することはありません。

その高価買取業者を探す為に、ネットで車買取業者の評判を調べたり、車買取業者のランキングを探す方法が良さそうですよね?

しかし、実はそのやり方は完全に間違えています。

失敗しない車の売りかたは、どこの誰(業者)に売るかではなく、『どうやって売るか』が重要になってくるのです。

高額査定は比べなければ絶対に出ない

例えば車の買い替えで下取り査定を受けたとします。

そこで出された査定額が『50万円』でした。

後日、どこかの車買取業者に行って査定を受けてみると『60万円』の査定額が出ました。

もちろん下取り額や希望額も聞かれて出された金額です。

どうしようかと悩んでいると、いま決めてくれるなら『65万円』まで頑張ると言ってきました。

大抵の人はここで心が折れて決めてしまいます。

だって下取りよりも『15万円』も高くなりましたからね。

とてもお得に売却できたように見えますが、実は他の業者で査定を受けたら『もっと高かった』可能性も十分にあるのです。

車買取業者の後出しジャンケン

車買取では後出し査定が圧倒的に有利となります。

基本的に下取りでは、業者が投げ売りしても損をしない数字しか出ないことが多いので、無難な金額で安いことが多いです。

その後に車買取業者の査定となると、先に紹介したような査定の流れで、お客さんの様子を探ってくることでしょう。

つまりこれは後出しジャンケンですよね。

先ほどの業者が言うように65万円は頑張った数字かもしれませんし、本当はまだ余裕がある金額かもしれません。

それは、他の業者の査定も受けてみないと分からないのです。

追加で他の業者の査定を受けたら、『70万円』かもしれませんし『80万円』かもしれません。

まあその逆に65万円も出ない可能性も否定できませんがね。

試しに3社の査定した結果

以前取材で、飛び込み査定でどの位の差が出るか実験したことがあるのですが、その時は4年落ちのエルグランドで『A社185万円』『B社240万円』『C社170~200万円』という結果が出ました。

もちろん取材と言うことは隠して査定を受けたのですが、さすがにスグに売るかもと言う雰囲気は出しませんでしたが、他で査定を受けているとも伝えなかった為か、少々バラツキのある査定額でした。

ちなみにB社は『250万円』まで頑張れると言っていましたから、C社との差額は最高で80万円です。

80万円あったら中古の軽自動車1台買えますよね。

ちなみにC社では本当に売る時でなければ正確な金額は出せないと言われました。

しかしC社は、そもそも話にならない価格帯なんですよ。

でも私の友人の何人かは、C社での買取実績がありますから、今回は「偶然」安かっただけかもしれません。

A社の査定額ついては、査定後に話してみたところ自社販売が苦手な車種だから高額査定は出せなかったと言っていました。

これが先ほどの例のように、本当に買い替えるつもりだったとして事前の下取り査定が『180万円』だとしたら、A社とC社も高額査定だと勘違いしてしまいます。

どこの業者が最高値を出すか分からない

さて、参考例ではA社とC社を悪者扱いしましたが、実際のところ車種や査定を受ける業者や担当者が変われば、査定額が同じ結果になるとは限りません。

先ほどの実験ではB社が最高値でしたが、違う結果が出る可能性も大いにあるのです。

買取業者によって査定方法が異なりますし、得意な車のタイプというのもあります。

また買取した車も車種によって、業者オークション、自社販売、海外輸出など、どの流通経路に乗せるかで出せる査定額が変わってきます。

そして、海外輸出に強いA社、自社販売に強いB社、業者オークションに強いC社などの得意分社もあります。

つまり、どこの買取業者が最高値を出すかは、実際に査定を受けてみないとプロでも分からないのです。

そして「いま決めてくれたら」なんて甘い言葉に負けない強いハートも必要になります。

つまり最高値で売るには複数社の査定が必要

車の査定額は、業者によって驚くほど価格差が出ることは理解いただけたと思います。

つまりお得に(損せず)売却するには、複数社の査定が必要となります。

ただし、買取業者の店舗に乗り込むのは少し注意が必要です。

普段から価格交渉などが得意な人なら問題無いかもしれませんが、相手は車買取のプロなのです。

こちらが売りたくなるようなトークが上手なのはもちろん、もう他の業者に行くのも面倒だと思わせるテクニックも備えています。

よく考えてみて下さい「彼らは車を買うのが仕事」なのですから、他の業者の査定を受けてみたいと言っても、はいそうですかと帰してくれませんからね。

時間も掛かるしハッキリ言ってかなり面倒ですよ。

ネットから複数社一括査定を利用するべき

一番確実に複数社の査定を受ける方法は、ネットから利用できる複数社一括査定サービスです。

このサービスのメリットは一括で申し込みできる事だけではありません。

むしろ、そのほかのメリットの方が大きいです。

仕組みは簡単で、申込すると対象地域の車買取業者に申し込みできるのですが、この段階で相見積もりとなります。

つまり利用者が何もせずとも、売りたい車一台に対して、買いたい業者が複数となるのです。

一社ずつ申込すると、他に査定を受けますとこちらから言わなければ伝わりませんが、言う必要がありません。

このサービスに申し込むだけで、買取業者は小細工無しの最高値を出さなければ買えないことを理解するのです。

あとは査定の日時を予約をして、最高値を出してくれる業者を選ぶだけとなります。

査定を受ける際の注意事項

一括査定に申し込むと、業者から電話やメールで査定日時の打ち合わせ連絡があります。

このとき、なるべく同一時刻に査定を受けた方が査定額が上がりやすいです。

一社ずつ査定を受けると、後の業者は断ってくれなんて言う押しの強い人が来ることもありますし、後の業者に後出しジャンケンされるのを嫌がる業者もいます。

本当にギリギリの査定勝負では、差額が数千円と言うこともありますから、後出しで負けると悔しいのでしょうね。

また買取業者は出張査定での複数社同時査定を日常的に行っていますので、こちらが気まずい思いをすることはありません。

ただし複数業者を同時に呼ぶのが難しい場合は、1時間ごとに詰めて業者予約をすることをお勧めします。

しかしこの場合も、2社程度だと先の業者が終わるまで待つと言うこともありますので、3社以上の予約の時に使えるテクニックです。

とにかく利用者は、感情に流されず査定額が一番高いところ売ると言う姿勢を崩さないことが大切です。

複数社一括査定サイトは色々あります

複数社一括査定の申し込みサイトは沢山ありますが、基本的に無料で利用できる大手のサイトを利用しておけば問題ありません。

基本的に大手の買取業者は重複していますが、地元中小の業者は参加企業が少し異なるので、何個かのサイトに同時に申し込んだ方が予約が取りやすいです。

また申し込む車種によっては、はじめから査定競争に勝てないと判断して連絡してこない業者もいますので、連絡が遅い業者は待っても無駄になることが多いの放っておきましょう。

私は基本的にいつも3つほど利用していますが、参加地域や状況でも異なりますので、お好みで調整して下さい。

参考までに、有名大手企業が運営する無料の一括査定サイトを紹介しておきます。

かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

カーセンサー.net簡単ネット査定

※連絡が取れる業者は合計で5社以上が理想ですが、地域によっては少ない場合もあるので最低3社を目指しましょう。