車から顔を出す若い査定士

車を下取りや買い取りで査定してもらう場合に、どの部分をどんな基準で査定されるのか気になりませんか?

例えば新車で買ってまだ3年なのに、理由もわからず半額以下の査定しか出なかったでは納得いきませんよね。

ここでは、なぜその査定額になるのか素人でも分かるよう、専門用語は少なめで大まかに解説します。

車買取査定は車のグレードがベース

まず査定に一番大きく影響する項目が、車種とグレードです。

例えばクラウンとカローラは同じセダンですが、車格が違うので査定額に差が出るのは誰でも簡単に想像がつきます。

そして同じ車種でも、ガソリンエンジンとハイブリッドではグレードが異なるため査定額に差が出ます。

年式や走行距離で具体性に

次に影響するのが年式や走行距離です。

同車種でも年式が異なれば、モデルチェンジやマイナーチェンジの影響で査定額が異なります。

また走行距離が多くなれば、消耗品の交換が必要になったり故障や不具合が発生する可能性が高まります。

つまり年式が新しくて走行距離が少ない車のほうが、年式が古くて走行距離が多い車より価値があるということですね。

車の走行距離の平均目安と買い替え時の査定額への影響

この他には、ボディーカラーやオプション装備品など車の全てが査定項目になります。

しかし部品を分解して確認する事はできませんので、表面的な確認と動作確認での査定が基本となります。

査定基準は傷や故障が無いノーマルが基本

基本的な査定基準は、傷や故障の無いノーマル状態をベースに考えられています。

つまりボディーにキズやヘコミがあれば1ヶ所いくらで減額される感じです。

また減額はキズやヘコミの大きさや塗装や板金など修理方法の種類によって金額が異なります。

そして車の状態で査定に大きく影響するのが、事故車や修復歴です。

一般的には事故車という言葉がよく使われますが、自動車査定の世界では修復歴にあたらない事故なら修理で回復可能だという考え方です。

事故車と修復歴については別のページで詳しく解説しますので、ここでは修復歴車は修理しても完全には直らない事故車だと解釈すると分かりやすいと思います。

修復歴ありとなる基準は、車のフレーム(骨格)部分に損傷を受けたことがあるか否かです。

一度でもフレームに損傷を受けた車は、どれだけ熟練された板金職人が高価なフレーム修正機を使用して新車と同等レベルまで復元したとしても、その修復歴を消すことができませんので、査定額は大幅に下がってしまいます。

内装についても、傷や汚れが主なチェックポイントになりますが、外装と異なり車内のニオイも査定に影響します。

また特に問題となるのがタバコやペットの臭いです。

タバコの場合は、それだけ消臭しても天井や内張りにヤニが残りますから完全に喫煙歴を消すのは難しいです。

またペットの臭いや毛の付着状況は飼い主の意識によって異なるため、状態によってはタバコよりも大きな減額を受ける場合があります。

まとめ

査定の基本的な考え方は新車状態を基準にした「傷や汚れ、経年劣化、修復歴、メンテナンス状況、装備品」によって決められます。

そして何より中古車市場の人気によって査定額が決められるので、人気のある車種なら傷があっても高く売れますし、人気のない車種ならどんなにピカピカでも査定が安くなると言うことになります。

 


 

車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事