走行距離はマイナス査定

車の寿命は10年10万kmくらいだと耳にしたことがありませんか?

実際の寿命は、それまでの乗り方やメンテナンス次第なので、高速道路の走行が主体だったなら10万kmでも現役バリバリでしょう。

しかし中古車を買う側には、前オーナーの乗り方なんて分かりませんし、メンテナンス状態も素人には分かり難い基準となります。

ですから、年式と走行距離は中古車を買う人にとって重要な判断材料となり、それを仕入れる買取業者もシビアに査定している項目となります。

年間走行距離の目安と査定額への影響

年間の走行距離の目安として言われているのが、普通車なら年間1万km、軽自動車なら年間8千kmです。

この目安は中古車査定にも当てはまっており、新車から5年までならその計算でマイナス査定にはなりません。

2回目の車検を過ぎた5年からの目安は、普通車なら年間7千km、軽自動車なら年間6千kmです。
これはトータルでの走行距離の話なので、5年過ぎてからの年間走行距離が少なくなるという意味ではなく分岐点が5年だと言うことです。
つまり普通車の5年5万kmでマイナスは無いけれど、6年6万kmだと少しマイナス査定になる感じですね。

たった5年で走行距離の縛りが厳しくなるのは、売り手にとって辛い現実なのですが、中古車は買い手が相場を握っている買手市場なので仕方ありませんね。

年間走行距離の目安表

中古車査定の際にプラスにもマイナスにもならない走行距離の目安です。
掲載している距離より少なければプラス査定で、多ければマイナス査定になります。
ただし買取専門店によって基準が多少異なるので参考距離としてご覧ください。

経過年数 普通車 軽自動車
1年目 1万km 1万km
2年目 2万km~2.5万km 1.5万km~2万km
3年目 3万km~3.5万km 2.5万km~3万km
4年目 3.5万km~4万km 3万km~2.5万km
5年目 4万km~5万km 3万km~4万km
6年目 4万km~5万km 3.5万km~4.5万km
7年目 4.5万km~5.5万km 4万km~5万km
8年目 5万km~6万km 4万km~5万km
9年目 5万km~6.5万km 4.5万km~5.5万km
10年目 5.5万km~7万km 4.5万km~6万km

この表は一般的な乗用車タイプの目安です。
トラックなどの貨物は、もう少し距離に余裕があります。
また輸出で人気のある車種なら、走行距離なんて問題にならないほど高額査定になることもあります。

走行距離なんか気にせず車の運転を楽しもう

ライフスタイルは様々ですし、車の価値観も人それぞれです。
ですから、なるべく走行距離を伸ばさないように所有するというスタイルもあるかもしれません。
走行距離が査定に与える影響は比較的大きいので、それを簡単に否定できませんね。

しかし売ることを前提に車を買って、車に乗ることを制限したのでは、少しもったいないと思うんですよね。

一部の例外はありますが、自動車の査定額は新車登録した瞬間から徐々に下がっていきます。
これは走行距離なんて関係ありませんので、10年で走行距離が1000kmだとしても新車価格と比べると随分と安い査定額になります。

そして走行距離は多ければ多いほどマイナス査定になりますが、その逆の走行距離が少ない場合のプラス査定には限界があります。

例えば普通乗用車の場合なら、6年で1.5万km以下、7年で2万km以下、8年で2.5万km以下、9年以上で3万km以下のプラス査定額が一律となっています。
つまりある程度の年式になると、走行距離が少なく保つ意味も薄れてくるのです。

このような事からも、走行距離はあまり気にせずに旅行やドライブも楽しんでも良いのではないでしょうか?
どんな車でも、買った時の金額以上のマイナス査定にはなりませんからね。

 


 

車を最高値で売る為にやるべき事

車を売る方法は、下取りや買い取りなど色々ありますが、高く売るにはドコに売るかより『どうやって売るか』が大切です。

少し悪い言い方ですが、自分で評判が良い業者を探して『カモ』にならない為に知っておいて欲しいことを記事にしました。

車の売却や買い替えで下取りに出すときに、少しでも高く売りたい人はもちろんですが、損をしたくない人も読んでみて下さい。

最高値を引き出す一番簡単な方法の考察記事